X-Menアポカリプス

大きいスクリーンを求めて、日比谷スカラ座で観てきますた。

いやー、期待を裏切らないド派手演出ですねー。
シリーズ全部観てるので、アレに繋がるのか、とか、あの設定いかしてるのか、とかニヤリとさせられます。

でもまあ、そんなのは置いといて、とにかくアクションシーンを楽しめばいいという、そういう映画ですね。

大きいスクリーンの方が絶対に楽しめるですよ。
ボクは3Dがあまり得意じゃないので2Dにしたけど、迫力ありました。
シリーズをおっかけてる人にはオススメです。

スノーホワイト

感想書くの忘れてましたが、公開週の日曜に観に行ってたのでした。

で。
娯楽作品としては、見てる時間は飽きさせない作品になってました。
点数は及第点の70点。
でも、絶賛するほどではなかったね。
白雪姫といえば、森なわけで。
森の薄暗さとか不穏な感じはよく出てたし。
魔女の美麗さと怖さはよく演出されてたけど。
それに対する白雪姫が、上回らなきゃいけないのに、容姿の美醜以外で対抗できてない感じ。
原作の白雪姫は底抜けの純真さとか、そういうとこがあるけど、戦う姫だからそゅのもないしねー。
んで、戦う白雪姫っていうのにも、戦うアリスを見ちゃったので目新しさはないという。

よくできてるので良作ではあるんだけど。
もう少し逃亡中に心が通い会うようなエピソードとかがあったりとかすればなー。
色々なイベントがおきるから見てて飽きないんだけど、ベースのテーマとかは感じられなかったかな。
娯楽作品だからそれでもいーんだけどね。

もう少し味付けがあれば、もっと傑作になったんじゃないかなーと思う作品でした。
見て損はしないから、興味持ったら是非見てみてくださいな。

HOME愛しの座敷わらし

来ないだの日曜に観てきました。
三週続けて映画なわけですが。
今回は新宿のバルト9。バルトはさすがに人が多かった。テルマエロマエかなぁ。

さて。
あまり見に行かないホームドラマな映画なわけですが。
予告でキャスト見て、これは見に行く価値あるなと思ったのでつ。
水谷豊も安田成美も草笛光子も好きなのだ。
で、点数は。
問題なく及第点の70点。
まあ、ホームドラマだから。何かハラハラだったりワクワクだったりがあるわけじゃないんだけど。
そのかわり、ほんわかだったりほのぼのだったりできるのです。
役者はみんな上手かった。
座敷わらしは可愛いよねー。ボクは妖怪好きだから。座敷わらしは神様みたいなもんだけどさ。
まだ始まったばかりだから、内容には言及しないけど、脚本がしっかりしてて、演技もしっかりしてて、景色も綺麗。
原作読んでないけど、原作もしっかりしてる小説なんだろうなー。

和める映画で、見終わったら柔らかな気持ちになれるから、この手の映画が好きなら、見て損はないと思うよ。

ももへの手紙

予告見て面白そうだったので、見てきましたよ。
新宿のミラノに行ったわけですが、思ったより混んでなかった。コマ劇の建物がなくなってて、あの辺り、ガラーンとしてた。

さて、映画の感想ですが。
面白かったですよ。
役者に声優やらせるのあんまり好きじゃないんですが。
上手かったら問題ないわけでー。
そういう点では問題なかったよ。まあ、西田敏行は本人のイメージがどうしても出てきちゃうんだけど、キャラ的に問題なかったから、うん。

可愛い妖怪が出てきてツボだった。
日本の妖怪大好きなんですよ、まあ、妖怪っても、日本の場合は土地神だったりするわけですが。

話もね、母娘っていいなーって思うような話でね。
それから、舞台が瀬戸内海の島なんだけど。
ボクは祖父が広島の人なもんで、広島弁聞くと和むっていうか、イントネーションとか大好きなんですよねー。

いわゆるアニメ絵じゃなくて、顔のしわで表情を凄く出してる絵でしたね。
ちっちゃい子にはどうかとは思うけど、ももと同じ小6ぐらいの子には分かるんじゃないかな?
でも、子供よりも大人向けの映画だと思う。

あ、点数は85点。
マメが可愛いから、興味持ってる人は見に行くといいよ。

ジョン・カーター

未読だったとはいえ、予告見てなんで気づかなかったかな〜。
ジョン・カーター、原作は火星のプリセンセスじゃないですか。

始まってすぐに気づいたんだけどね?
いや、未読ですけどw

ちぅわけで、感想。
80点ってとこですかね。
さすがに原作が名作と名高いわけですから。未読ですけどw
しっかりまとまっていて、見所もたくさんで。
まあ、原作そのままってわけじゃないみたいですけど。
姫が強かったしw

SF好きなら、見に行って損しない作品だと思いますよ。
ちなみに、主役はX-Men0でガンビットやってた役者さんです。
かっこよかったですよ。

しかし、先週の日曜にビッグサイトにセールに行った帰りにお台場のメディアージュで観たわけですが。
めっさ空いてた。
お台場までわざわざ映画にみにいかないんだろーけど。
全体的に映画館に人が少なかった。
穴場だけど、でも、確かに映画見るだけで行くにはちょっと遠いよね〜。


三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

昨日、観てきましたよ、三銃士。

三銃士は色々映画化されていて、いくつかは観たことあるわけですが。
今回の三銃士は異色って言えるのではないでしょーか。

点数は、及第点よりちょっと高めの70点。

バイオハザードの監督なので、アクションシーンの見せ方は上手いですよね。
静と動。緩と急を織り交ぜて。

日本の殺陣ももちろん大好きなのだけど。西洋のフェンシングの攻防も面白いよね。

そして、ミラ・ジョヴォヴィッチがかっちょいい。
中世の西洋ドレスを着て、あんな風にアクションこなせるのだから凄いよなー、とか。
まるでミッションインポッシブルな潜入シーンだとか。

ダルタニアン役の俳優さん、どっかで見たな〜と思ったら、パーシージャクソンとオリンポスの神々の主役の子でした。
そして三銃士役のおっさんw達
三人ともいい味だしてるな〜って思ったら、アトスとアラミスはロビンフッドに出てるってプログラムに書いてあった。観てないけど(マテ
アラミスはタイタンの戦いのアポロン役だったらしいが、あまり印象にないなぁw
ポルトスはキング・アーサーに出てたらしい。

そして、オーランドブルームが敵役なわけですが。

ネタバレしないようにあまり詳しくは書かないけど、今回のメインの敵役はオーランドブルーム扮するバッキンガム公ではなく。
なので、ちょっともったいない気がするわけですよ。
重要な役ではあったんですが。

今回のエンディングが、続きをにおわせる終わり方になってるので。
Part2に期待っていうか。
いや、今回の話だけでも十分面白いというか、エンターテイメント的には楽しめたんですけど。
配役考えたら、もっと面白くできたんじゃねぇ? という余地が非常にあったという。

ちぅわけで、次回に期待w


X-MEN第一世代

感想書くの忘れてた。
公開週の日曜に観に行ってきたのでした。

点数は及第点の75点ってとこかな。
安定した質をキープしたアクション映画。もうこのシリーズは、これぐらいできて当たり前で、じゃあ上積みするのは何かって話になる。

今回は、プロフェッサーとマグニートが、目的は同じなのに立場を違えることになるのが落ちで、それは誰もがわかってる状態で観に来てるわけで(予備知識ないと面白さ半減だろー

そこに至るまでの道程が、イマイチ弱いと思ったわけでつ。
チャールズもエリックも、もう少し反対側にぶれても良かったと思うんだよねー。

裏切られても、それでも人間を信じたいと思う。
信じたいけど、やはり人間に絶望する。

この辺りの葛藤がテーマで、だからこそ、ただの勧善懲悪アクション映画にない深みがあるわけで。
そこをもう少し掘り下げても良かったのかなーってのが、感想。

後は、まあ、マグニートがかっちょいー。
おいらがミュータントになったら、マグニート側につくかもしれんなぁと思っただw

カリブの海賊生命の泉

ジャック・スパロウを観てきましたよ。
今回は3Dだったわけですが。

うん、普通に面白かった。
安定して75点ぐらいのレベルに達してるシリーズなわけで。

生命の泉に向かって、3つの勢力が先を争うというのが、ベースの展開。
まあ、王道の1つだねぇ。
昔の女が出てきたり。人魚が出てきたり。
前3部作に比べると、若干脇が弱い気もしますが。
でも、バルボッサがイイ。
ジャックとバルボッサって、やっぱり仲間だったんだねぇって頷けまし。

えー、基本的に見応えのあるアクションシーンあり、笑いもあり。
ジャックは変わらずジャック・スパロウなわけで。
ハズレのないアクション映画でしたよ。
特にジャックファンなら、満足できるんじゃないでしょうか。

ラプンツェル

いやあ、ディズニーアニメは安定してるよね。
80点というところでしょうか。
子供ももちろん、大人も楽しめるよ。
あんまり色々ここで書くより、とりあえず、観てみて、と勧めたくなる作品でした。

被災地のね、子供達にも、ぜひ観せてあげたいって思ったよ。
大きくても小さくても、夢を持つのって大事なことで。
そして、その夢に向かって一歩を踏み出すのが大事なんだよ、とそんなメッセージを受け取った。
全く同意だね。
夢に向かって踏み出すと、苦労も辛いこともいろいろあるけど、でも、やっぱり夢に向かって生きるのは重要だよね。
ボクは、モノを作る仕事がしたいって夢をかなえて、そして、さらに小さないくつもの夢を持って、それに向かって生きてると思うよ。
怠惰なんで、必死にはなってないけどなw

まあ、難しいこと考えなくていい映画なんで。
柔らかい気分にさせてもらいました。

ちなみに、エンドロールのソバカスラプンツェルが微妙にツボったにはナイショだ。

RED

超危険な年金受給者の略。
ってことで、ブルースウィリス主演の映画を観てきました。
面白かったですよ。
近年のこの手のアクション映画ではピカイチではないでしょうかね。
ってことで、90点。

内容は公開したばっかなんで伏せますけど。
ブルースウィリスはカッコいいオヤヂですよね。アクションもスゴかったよ、歳を感じさせない。
周りをかためているメンバーも豪華でね。
そして、アクションだけじゃなくユーモアも満載で。
できればもっと大きなスクリーンで観たかった。

というのも、新宿ピカデリーで観たんですけど、公開週だというのに、小さいスクリーンでねぇ。
満席だったわけで、最近のピカデリーは絶対にスクリーンの配分間違えてると思う。

それはともかく。
ブルースウィリスのファンだけでなく、アクション映画好きなら、絶対に満足できると思いますよ。

| 1/11 | >>

すぅりんの気の抜けた日常

まぁ色々とあるけど、のほほんと生きていますよ?

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

ついったぁ

ブログランキング参加ちぅ

↓良かったら、ぽちっと押してくださいね
blogram投票ボタン

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

qrcode

Search

Others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM